(WordPress) Twenty Fifteenのテーマの編集


TwentyFifteenはシンプルなデザインで、モバイルにもよく対応もしており、とてもいいテーマだと思います。
ここでは、Twenty Fifteenのテーマを編集した際の手順を示しておきます。

 

子テーマの作成

まず、テーマを編集する際には子テーマを作っておきます。
子テーマを作っておくと、編集した部分がアップデートにより無駄になることがありませんし、管理がとてもしやすくなります。

子テーマを作る際には、まず、style.cssとfunction.phpを作成し、以下のように記述します。

 

style.css

/*
 Theme Name:   Twenty Fifteen Child
 Template:     twentyfifteen
 Author:       ken
 Version:      1.0
*/

※ AuthorとVersionはなくてもかまいません。

 

function.php

<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
}

 

続いて、サーバーのディレクトリ「wordpress\wp-content\theme」に子テーマのフォルダ(twentyfifteen_child等)を作成し、ここに先程作成したstyle.cssとfunction.phpをアップロードします。

最後に、WordPressの管理画面から「外観」→「テーマ」で、子テーマを有効化します。

子テーマの有効化

これで子テーマが使えるようになりました。
(以下、管理画面の「外観」→「テーマの編集」から子テーマを編集していきます。)

 

フォントの編集

子テーマを有効化した直後は、style.cssに何も記述していないので、デザインは変わっていません。

Twenty Fifteenのテーマ

まず、やはりフォントです。TwentyFifteenは海外で作られており、日本語フォントでみると、とても見にくいです。

そこで、子テーマのCSSファイルに以下を追記します。

html, body, div, span, applet, object, iframe, h1, h2, h3, h4, h5, h6, p, blockquote, pre, a, abbr, acronym, address, big, cite, code, del, dfn, em, font, ins, kbd, q, s, samp, small, strike, strong, sub, sup, tt, var, dl, dt, dd, ol, ul, li, fieldset, form, label, legend, table, caption, tbody, tfoot, thead, tr, th, td, button, input, select, textarea {
	font-family: sans-serif !important;
}

結構な量ですが、これだけ指定しないと綺麗にフォントが反映されません。(コメント欄等はこれだけ指定しないと反映されません)
今回は単純なゴシックのsans-serifをフォントとして指定しました。

Twenty Fifteenのテーマ

フォントを変えるだけで雰囲気がガラッと変わります。

※ ブラウザのキャッシュが残っていると、フォントが反映されない場合があるので、うまくいかないときは、一度キャッシュクリアーを試すとことをおすすめします。

ですが、あまりにも見出しが大きく、サイトタイトルが小さく、全体のバランスが悪いので、さらに以下を追記します。

.site-title {
	font-size: 38px;
}

.entry-title {
	font-size: 28px ;
	border-bottom: 1px solid #e9e9e9;
}

.entry-content {
	font-size: 16px;
}

フォントを少しいじっただけですが、サイトの印象が大分変わりました。

Twenty Fifteenのテーマ
 

ヘッダーの編集

TwentyFifteenのテーマは、ヘッダー部分がサイドバー内にあり、他のテーマとくらべて特殊です。そこで、最後にヘッダー部分を通常のテーマのように上に持ってくるように編集します。

まず、TwentyFifteenのテーマフォルダ内のheader.phpを子テーマフォルダにコピーし、<body <?php body_class(); ?>>以下を、次のように編集します。

<body <?php body_class(); ?>>
 	<a class="skip-link screen-reader-text" href="#content"><?php _e( 'Skip to content', 'twentyfifteen' ); ?></a>
	  <div id="site-header_0">
		<header id="masthead" class="site-header" role="banner">
			<div class="site-branding">
				<?php
					twentyfifteen_the_custom_logo();

					if ( is_front_page() && is_home() ) : ?>
						<h1 class="site-title"><a href="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>" rel="home"><?php bloginfo( 'name' ); ?></a></h1>
					<?php else : ?>
						<p class="site-title"><a href="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>" rel="home"><?php bloginfo( 'name' ); ?></a></p>
					<?php endif;

					$description = get_bloginfo( 'description', 'display' );
					if ( $description || is_customize_preview() ) : ?>
						<p class="site-description"><?php echo $description; ?></p>
					<?php endif;
				?>
				<button class="secondary-toggle"><?php _e( 'Menu and widgets', 'twentyfifteen' ); ?></button>
			</div><!-- .site-branding -->
		</header><!-- .site-header -->
	  </div>
   <div id="page" class="hfeed site">
	<div id="sidebar" class="sidebar">
		<?php get_sidebar(); ?>
	</div><!-- .sidebar -->

	<div id="content" class="site-content">

新たなdiv要素、site-header_0を作り、そこに、header要素を移しています。

そして、CSSで以下を追記します。

/**
 * 16.4 Desktop Small 955px
 */
@media screen and (min-width: 59.6875em) {
	body {
		background: #fff;
	}
	
	body:before {
		position: relative;
	}

	.site-header {
		margin: 0;
		padding: 0;
	}

	.secondary {
		margin-top: 9.5%;
		padding-top: 9.5%;
	}

	#site-header_0 {
		padding-top: 40px;
		text-align: center;
		border-bottom: 1px solid #e9e9e9;
		width:100%;
		height:160px;
	}
}

@media screenを使って、デスクトップ画面だけでスタイルが反映されるようにしています。

このままだとレイアウトが崩れるので、theme\twentyfifteen\jsにある、function.jsで、サイドバーのスクロールを固定するスクリプト部分を削除します。(当然、スクロール固定機能はなくなります。)

function.js

98行目  削除ここから
97行目    // Sidebar scrolling.
~
177行目  削除ここまで
178行目   } )( jQuery );

これで一応は、header部分を、上に持ってくることができます。また、デスクトップ画面以外での表示は変わりません。

Twenty Fifteenのテーマ_ヘッダー編集後_デスクトップ表示
デスクトップ表示

Twenty Fifteenのテーマ_タブレット表示
タブレット表示

Fifteenのテーマ_モバイル表示
モバイル表示

(Chromeのデベロッパーツールでの表示画面です。)

以上でテーマの編集は終了です。
フォントのスタイルだけ変更しても、サイトの印象はかなり変わるのがわかります。ですが、それ以上の変更を加えようとすると、テーマそのものを理解しなければならず、非常に大変な作業になってしまいます。
できればテーマくらいは一から作りたいと思う今日このごろです。

※ 以上の編集はWordpPess 4.7.3、テーマ Twenty Fifteen ver.1.7で行っています。
※ テーマのアップデートがあれば、function.jsファイルを書き直す必要があります。
※ ヘッダーの編集では色々不具合が出るかもしれないので、そこら辺はご了承ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。