方法がない

勉強すれば東大に入れる。普通の頭を持っていれば、勉強すれば入れる。方法が確立されているから。高い教育を受けることが出来れば入れる。

しかし、何かをなすこと。方法がないもの。方法が知られていないもの。コレは難しい。方法がなく、自分でなんとかしなければならないものだから。東大入るのとは別次元。この方法を解説出来れば。。

スポンサーリンク

感情の始まり

感情とは一つの終着点と捉えることができるのではないか。

悲しい、寂しい、楽しい、嬉しい、、人が持つ感情。。

人が思考し、よく考え、行動し、生きていく、続いていくこと、、それがどうしようもなくなった時、行き場がなくなった時、感情というものが芽生えるのではないか。

子供の初めの感情の芽生えというものはどのようなものなのか。

赤ちゃんは、感覚はあるが、大人のようなきちんとした感情というものをまだ持っていない。

考えたり、色々なことを体験したり、経験したり、その結果、どうしようもなくなった、その時、周りから助けてもらった、怒られた、何もしてもらえなかった、、このようなとき、色々な感情が芽生えるきっかけになり、そして、このようなことを何度も経験することで、徐々に感情というものが形作られていくのではないか。

しかし、もしそうだとしても、これは良いことなのだろうか。

子供の頃は楽しかった。大人と子供ではどちらが幸せをより多く感じているのだろうか。子供のほうが幸せだとするのが大方の意見ではないか。子供の頃の純粋な精神状態が、大人より幸せだとする意見が大半ではないか。

もしそうなら、それは「感情化」していなかったためではないか?子供の頃はまだ「感情化」していなく、ただ「感じていた」、だから、大人より楽しかった、幸せをより多く感じていたのではないか。大人は子供より「感じる」ことに鈍感になってしまっているのではないか。

このように考えると、感情が形作られていくということは、素直に喜ぶべきことばかりではないと思えてくる。

脳内でのネットワークが複雑になりすぎたために感情というものが進化した、ニューロンネットワークの複雑さに耐え切れないために、感情というものが生まれたと解釈することもできる。

ニューロンの発火がうまくいかなくなった、一つのニューロン発火経路が終わりを迎えた、その結果、感情というものにシフトした、新たなステージに移行したと例えることもできる。

しかし、そう考えてみても、やはり、神経生理学的に見て、ニューロンの発火経路が終わりを迎える、すなわち感情が芽生えるということは、あまり喜ばしいことではないのではないだろうか?

感情が芽生える、つまり、脳がいわゆる「老化」を始めると捉えることもできるのではないか?

では、そうならないためにはどうすればいいのか。

感情が芽生える前に行動をすることが、このニューロンの発火経路が終わることを防ぐ唯一つの方法なのではないか?

辛くなる、悲しい思いになる、、その前に、行動することが重要なのではないか?

人間関係で辛くなる前に、行動し、その原因解決に務める。

楽しくなる前に、その状態がずっと続くように、行動する、努力すると、より幸せな人生を送れるようになるのではないか。子供のように「感じる」ことが大人になってもできるのではないか。子供の頃の純粋な精神状態を維持できるのではないか。

スポンサーリンク

舛添都知事の頭の中

前に進まなきゃいかん。

そうやってそれまでの地位を築いてきた。

すべての批判を成長材料に、自分の糧に変えて頑張ってきた。

はじめから完璧な人なんていません。

そういう意味で、人として一流な生き方です。

普通の人にはできない生き方です。

それゆえ、後ろを振り返るということは、それまで生きてきた自分を全否定することになるんです。

そこまで生き方を貫いてきたからこその地位。

後ろを振り返る、謝る、謝罪するということはその地位を無に帰す、あるいは、自分の人格までも否定してしまうことです。

辞任する、それ以上のことです。

 

物心ついた時から、ずっと頑張ってきた人です。

そもそも、公私混同なんて頭のなかにはありません。

公私の定義なんて頭のなかにありません。

そんなものができた時点で自分が変わってしまうはずです。

自ら進んで、身を粉にして、都民のために捧げてきた人です。

 

初めにニュースを目にした時は、大目に見てあげられないものだろうかと思っていました。

ですが、結局あのような事態になってしまった。。

 

悲しいです。

スポンサーリンク